装置に悪影響を与えかねない要因各装置を正常に運転・稼働させるための対策として、次の二点が重要です。
装置の設置状況を満たすよう、建物・空調等の器(装置設置環境)を整える。
装置設置後に、周囲に設置される他の装置からの影響を防ぐ。装置が正常運転できるよう、安定かつクリーンな電源・水・空気を確保する。
さらに、装置が継続して安定に稼働するためには、建屋の設計建築時・装置納入前および装置稼働中にも、環境の変動を防止するための検討・対策を行うことが重要です。